エステに関する魅力的なランディングページを作成する方法

ホームページとは別に、自社が販売するサービスなど制約を目的して解説されているのがランディングページと呼ばれるものであり、一般的には1カラム1ページといった極めてシンプルな構造となっています。これは、ホームページが自社製品を全て掲載したカタログ的な役割を担っているのに対して、ランディングページはある製品に特化し、深掘りした内容であることから、差し詰めチラシ的な役割を担っているからです。そのため、ユーザーの目が他の商品や記事に目移りしないよう、敢えてシンプルな構造としているのです。また、ランディングページを作成するに業種としては、以前は通信販売が圧倒的な割合を占めていましたが、最近ではエステや病院、情報商材など、多岐にわたっているのが特徴です。

さて、最近、その数が増えているエステですが、成約までには非常にハードルが高い業種であると知られています。しかしながら、ランディングページを作り込むことで、成約に結びつけることが可能です。まず、最初にポイントとなるのが、対象の絞り込みです。もちろん、女性であることに変わりはないのですが、結婚を控えた女性ならばブライダルエステ、ご高齢の方であればアンチエイジング、太った女性であれば痩身エステといったように、商品やサービスよって、ページの構成や内容も異なりますから、早い段階で対象を絞っておくことが大切です。

どういった業種であっても、基本的な構成は、問題提起、解決法の提案、見込まれる結果の提示の3段階となります。その上で、開発者の開発コンセプトや口コミ情報など、ユーザーが欲しいと思う情報を差し込むことで、ユーザーにとって有益なサイトとして認識されますから、より成約率がアップします。最近では、ワードプレスを用いて、自前でランディングページを作成する人も増えていますが、やはりプロが作成したものにはかないません。

そこで高品質なホームページと改善例を数多く探し出し、真似ていくことで自らのスキルアップにつなげる方法を実践している人もいます。例えばエステに関する魅力的なランディングページを作成するのであれば、他のエステサロンのランディングページを探し出し、自社製品に置き換えてみるのです。そうすると、自社製品のランディングページが出来上がりますから、自分がこれまで作成したものと何が違うのかを明確にすることで、実際に自分で作成する際の参考とすることが可能となるのです。