ランディングページのコンテンツの大きさについて

ランディングページは、売上や会員登録を伸ばすための、ネットを利用した費用対効果のあるページです。自社のことをアピールするだけならば、SEO対策で、自社のホームページに誘導させることも可能です。しかし、ホームページを見ても、購入意欲がない消費者にとっては、使いにくい状態になります。たくさんのコンテンツの中を見て、購入もしくは利用することを判断しなければなりません。興味を持ってくれた消費者は、面倒で購入しようとは思わなくなってしまう懸念もあります。

しかし、ランディングページは、端的に商品の紹介や、利用者の感想、また、構成やデザインなどを駆使して、利用したいと思わせるような、完結なページなのです。そもそも、ランディングページに訪れる消費者は、検索結果から、アクセスする場合が多いです。検索結果を見ますと、最上部もしくは横に配置されており、広告という表示もされています。興味のない人は、広告ならば、クリックしたくないと思うはずですが、興味を持っている人達ならば、すぐにクリックをして、注文画面に至ることを期待しているはずです。

しかし、期待して訪れたサイトが、粗末で、胡散臭いようなページならば、すぐに注文をすることを諦めます。と言いますか、信頼できる会社ではないと理解されることもあります。ですから、ランディングページの内容や、デザインなどはとても重要です。ホームページの豊富な情報を1ページで表現し、しかも、購入をしてもらえるようにしなければならないのですから、余程の工夫がなければ消費者に満足してもらえることはないと思っても良いです。

ランディングページでは、ホームページとは異なり、特定の商品のアピールをする必要性があります。キャッチポイントと画像などの大きさを考えて配置することが重要です。売りたいと思う消費者の思いを解消するために、遡及ポイントの大きさを変えることも必要です。画像データ、動画、まんがなどを取り入れて、興味を引き出すこともあります。

化粧品やサプリメントの利用を促すようなランディングページを作ることはとても大変です。利用してもすぐに効果を感じることができず、長期間利用してもらわないといけないからです。短期間で効果がなかったので、利用を中止するというお客さんがありますと、悪評の口コミなどを生じてしまう可能性も高いです。

化粧品のホームページのコーディングについては、実績を考慮し、改善点を全てクリアした状態にすることが必要です。原因究明の努力が必要です。