名古屋であったネットカジノの摘発はどうなったのか

ベラジョンカジノを始めネットカジノは賭博罪にならないのか、ということはやってみたいと思っている多くの人が躊躇してしまう理由の一つではないでしょうか。日本では公式に認められている競馬や競輪、宝くじなどのギャンブル以外は個人同士のお金のやり取りでも賭博罪として摘発される可能性があります。ですから海外のカジノだといってもインターネットで日本でお金を賭けて遊ぶネットカジノはやっていて違法ではないのかという問題は昔からありました。

そして2016年に名古屋で実際にネットカジノで遊んでいたという罪状で摘発されるという事件が起こったのです。ニュースなどでも取り上げられたのですが、名古屋で3人の人物がネットカジノを利用していたという理由で摘発されて、そのうちの2人は罪を認めて罰金刑となりました。これだけを見るとやっぱりネットカジノは違法だからやってはいけないのだと思うかもしれませんが、結論はまだ出ていません。罰金を払ったのは摘発されたうちに2人だけで、もう一人は弁護士を立てて、裁判所へ訴え出たのです。そして出た結論が無罪という判決でした。

つまりネットカジノをやっていても違法ではないと、限りなくグレーに近いかもしれませんが認められたわけです。なぜこのような判決が出たのかというと、賭博罪の解釈の方法に大きな理由がありました。賭博罪というのは胴元がいて賭ける人がいる状態で、双方が悪いということで胴元も賭けた人も罪に問われます。これが前提ですから、ネットカジノは海外の国で正式に認められて運営していてるのに、それに賭けた人だけが罪に問われるのはおかしいだろうということになったのです。結論としては今のところは違法ではないということになります。