エクセルを使えばランディングページの制作が出来ます

ランディングページとは。
企業のウェブサイトや通販サイトに誘導を行うウェブページの事をランディングページと呼んでいます。
このウェブページは商品紹介やサービス紹介などの広告ページとして利用するもので、ランディングページはリスティング広告をクリックした時に表示が行われる事、リスティング広告は検索キーワードに連動している、もしくは検索キーワードに関連した広告などから検索連動型広告と言います。

検索キーワードはSEO対策の中でも度々登場するもので、検索順位を上位にする目的があります。
上位表示は集客力を高める事が出来る、ウェブサイトへの誘導数を増やせるなどのメリットを持つ事からもSEO対策は必須と言われているわけです。
ランディングページにも検索キーワードを含めたページ作りが必要となりますが、リスティング広告で集客を行うため、リスティング広告の出現回数やクリック率などを調査し、出現回数が増えるための対策、ユーザーに興味を持って貰い、広告がクリックされる数を増やすための対策が必要です。

今話題のホームページと作成事例について。
ランディングページの制作コストはウェブページ制作コストと比較すると安くなります。
これはウェブページのような階層構造を持つウェブページではなく、画面に表示されるウェブページは縦長仕様になっており、マウスでスクロールしながら閲覧する、スマートフォンなどの場合は画面を指でタッチしながら移動して閲覧を行うウェブページです。
最近は動画や特殊効果を加えたウェブページも登場していますが、商品の魅力をユーザーに伝え、訴求力による購買意欲を与える目的を持つため、制作コスト自体はそれほど高額なものになりません。

しかしながら、コンテンツそのものが貧弱なものなど、ユーザーにとって魅力を感じさせない作り込みはページを閉じて立ち去る行動が行われてしまう事になります。
ランディングページからユーザーが買い物をする、サービス利用を行うなどの行動を行させるための文章作りやデザイン、コンテンツの配置の仕方など、制作代行会社のノウハウを利用する事がお勧めです。

エクセルを使ったウェブページの制作について。
エクセルを使う事でHTML出力を行う事が出来るようになっています。
これはエクセルの機能の一つでもある、WEBページ書き出しを利用すれば誰でも簡単にHTMLに変換が出来ます。
ランディングページの場合はページの概念がないので、エクセルの中で文章を入力する、画像をインポートするなど、デザインを完成させて、HTML形式で書き出しを行えば良いのです。