ランディングページを作るとお問い合わせが増える理由とは

インターネット通販のWebマーケティングにおけるランディングページとは、ユーザーに商品を購入してもらったりお問い合わせしてもらうなどの行動をとってもらうためのページです。しかし、Webサイトをビジネスで利用する以上、どんなサイトにもお問い合わせページがあります。では、なぜランディングページという特別なページが必要となるのでしょうか。

その理由はランディングページの構成を分析するとよく理解できます。一般的なランディングページの特徴として、イメージ画像が多く大きめのフォントが使われていることがあげられます。また、縦長で購入や問合せボタンのサイズが大きく、他のページへのリンクがないというのも特徴です。画像を多用しフォントサイズが大きいのは読みやすくするためです。商品の何が優れているのか、ユーザーにとってなぜ役立つ商品なのかをテキストだけで説明しようとすると自ずと文字数が多くなりしっかり読んでもらえません。画像を多用し文字数を少なくし、重要な部分は大きめのフォントを使うことで読みやすくなるわけです。縦長の構成にも意味があります。

上部からキャッチコピー、共感を得る言葉、商品説明、ベネフィット、他社商品との差別化、購入・問合せボタンの順に流れていきます。途中にお客様の体験談を挟むことも多いです。この流れが重要です。まずは興味を喚起し、共感を得た上で商品を説明し魅力を感じてもらいます。そしてお客様の声や差別化によって他にはない信頼できる商品であることをイメージ付けします。縦長構成なのは上から読むことでユーザーが目移りすることを防ぎ、その場で商品を欲しいと思い一気に行動することを促すのに効果的だからです。そして問合せボタンを大きくすることがユーザーの背中を押すことになります。また、他のページへのリンクをなくすことでユーザーの行動の選択肢を狭め、ダイレクトにお問い合わせへとつなげていきます。

しかし、ランディングページを作ったからといって、必ず同じようにお問い合わせが増えるわけではありません。商品の特性によっても違いますし、ユーザー属性が違えば結果も異なるでしょう。効果的なランディングページを作成するためには、テストを重ねてユーザーの行動履歴や検索キーワードなど、様々な角度から分析を繰り返すことが必要です。より早く効果的なランディングページを作成し結果を求めるのなら、インターネット通販のHPと作成実績がある会社に依頼するのが良いでしょう。