ランディングページの中に映像を採用して動的なページに

ランディングページの特徴について。
従来のランディングページには文章や写真、イラストや漫画などがページの中に記載が行われている、ページは縦長になっていて、ユーザーは長いページをスクロールしながら閲覧するのが一般的でした。
コンテンツの質が悪い場合には、ページにアクセスをしても画面を閉じて立ち去ってしまうなど、ランディングページの役割を果たせないケースも多くありました。
コンテンツの質はユーザーが買い物をする、サービス利用者になるなどの行動に影響を与える事からも、コンテンツの質を見直す事が重要です。
文章で説明を行う時にも、ユーザが釘付けになるような魅力あるライティングを心掛ける、文章だけでは説明が難しい部分についてはイラストや漫画を取り入れて分かりやすいものに仕上げます。
やさしい文章はユーザビリティ効果も高くなるので、SEOに対しての効果も期待出来るなどのメリットもあります。

動的なページはユーザーを釘付けにしやすい。
従来のランディングページは、単に文章や写真がページ内に記載されているだけで、ウェブサイトのような動的なページではありませんでした。
最近は映像が採用されているページも増えています。
文章で説明するとなれば、長くなってしまう、長くなればページの長さも多くなるなどのデメリットがあるわけですが、文章が長いとユーザーは途中で読むのが面倒になる、時間がないので途中でページから退出してしまうなどのデメリットもあります。
動画などの場合は、映像を見ながら商品やサービスの特徴、魅力を知る事が出来ます。
これは作り手だけではなく、ユーザー視点に立った時にやさしいページにもなります。

健康食品のHPの製作実績について
健康食品を紹介する時、ウェブサイトではなくランディングページを利用して商品紹介を行うケースが多くあります。
健康食品は今や様々なメーカーが幅広い商品を製造販売を行っているため、ターゲット層を絞り込んでのマーケティングを行うケースが多くあります。
ウェブサイトではターゲット層を絞り込むためには、その都度ウェブページの変更が必要になるなどのデメリットがありますが、ランディングページの場合はターゲット層毎にページ製作が出来る、期間限定商品などの場合は、期間が過ぎた後はページを削除すれば良いなど使い勝手も良いメリットを持ちます。
尚、ランディングページを制作会社に依頼する時、ホームページの中に製作実績としての制作事例が紹介されているので、こうした事例を見て自社サービスに合うランディングページを選ぶのがお勧めです。