ランディングページを成功させるにはogp設定が必要

通販のHPと改善方法としては、適切なLPOを行うことが必須です。また最近は、統計学を利用してデータ分析を行い、経営戦略やwebマーケティングを行う企業が増えています。さらに運営しているランディングページに、ogp設定を行うことも大切です。ogpは、ツイッターやフェイスブックの拡散によって、多くのユーザーにコンテンツを見てもらうために必要です。webでコンテンツマーケティングを行うには、SEO対策をして集客すると効果的です。たとえ成功実績が豊富なプロでも、ランディングページを1回で完成させることはありません。制作後のLPOによって、完璧なサイトに仕上がるのが普通です。またコンテンツ作成時には、ターゲットになりきって書くとうまくいきます。

売れるランディングページを構築するには、ユーザーの立場に立ってライティングできる才能が重要になります。ユーザー視点でサイトを作る力は、訓練で身に付きます。その商品のことを全く知らない人に伝える気持ちになって紹介すると、売れるコンテンツが作成できます。さらにogp設定が適切かどうかは、フェイスブックデバッガーにサイトのURLを入れてみるとわかります。まず、フェイスブックでシェアされているコンテンツは、ogpで制御されています。ogpは、Open Graph Protocolの略です。仮に、あるURLをフェイスブックでシェアしたい場合、フェイスブック側では、そのサイトの情報を持っていなければなりません。また情報がなければ、直接サイトにアクセスし、解析してからシェアする必要があります。情報やデータをフェイスブック側が保持することを、スクレイピングと呼びます。

すでに保持している情報があれば、既存のデータを使います。シェアしたい画像やタイトルは、既存の情報によって決定される仕組みです。ただし、コンテンツをアップロードしてから画像が変わった場合は、過去の情報が閲覧されるので、リアルタイムのデータではなくなります。しかしデバッガーを使えば、シェアしたいURLの内容が、新しいものか古いデータなのかがわかります。フェイスブックで集客して、ランディングページに流入させるには、デバッガーによる解析も必要になります。これらを素人が行うのは困難なので、できれば実績豊富なプロの代行業者に依頼する方が、売れるLPを制作できます。さらに料金の中に、LPOも含まれている業者の方が、満足できる結果が得られます。