音楽が流れるランディングページの魅力とは

動画や音楽などを取り入れたランディングページの魅力とは。
リスティング広告でユーザーに興味を抱かせ、商品やサービス紹介を行うページに誘導する、これはランディングページの特徴です。
リスティング広告からの誘導は、ウェブサイトではなく特定ユーザー向けに紹介を行うランディングページで、ページは縦長になっています。
ページの中にはメニューがあるわけではなく、サイトマップや企業の沿革などの情報もありません。
商品やサービスを紹介するネットチラシとも言えるのが特徴です。
最近は、動画が起用されているページも増えており、背景動画を使って商品の活用シーンを訴求するもの、動画の配置を工夫、見せ方を工夫するものなど、ページに訪問して来たユーザーに対して文章を読ませるページから動的な要素で訴求するケースが多くなっています。
また、ページにアクセスした時に音楽が流れるケースもあります。
心地よい音楽を選曲しておけば、文章を読みながら音楽も楽しめるなどの利点もあります。

音楽には著作権があります。
ランディングページの中で利用する楽曲がアーティストや作曲家が製作したものは著作権があるので勝手に利用する事は出来ません。
許可を得た上であれば利用は出来ますが、無断で転用すると違法行為になるので注意が必要です。
最近は、BGMを専門に制作を行っている会社も増えています。
こうした会社で制作した楽曲についても著作権がありますが、ランディングページで利用する目的で制作を行った場合、著作権は制作会社にありますが、依頼した会社が自由に使えるようになるのでお勧めです。
尚、制作会社に音楽制作を依頼して、ページ内で利用する時には、ページ内に楽曲の著作権が制作会社にある事を記載する必要があります。

ホームページと費用について。
ランディングページはウェブサイトとは別に制作を行うウェブページです。
コンテンツを充実する事や動的なウェブページにする事がマーケティングの中で求められており、単に商品紹介を縦長ページ内で文章や写真で紹介するものではありません。
BGMが流れる、動画で商品やサービスを紹介するなど、ユーザーが分かりやすいコンテンツを持つページを作り込みする必要があるので、制作実績を多数持っている、最適なコンテンツ制作が可能な所を依頼する必要があります。
尚、制作費用は制作会社毎に異なるので見積もりは必須ですが、費用対効果を考えて制作会社を選ぶ事がお勧めです。