ランディングページのお手本となる構成

ランディングページは、ホームページではなく、直接的にユーザーの希望を充たすものです。SEOと似ていますが、目的が全く異なります。自社の商品を知ってもらうなら、ホームページの一ヶ所を見てもらえばそれでよいです。ランディングページは、ダイレクトに商品を売る、サービスを利用してもらうなど、自社の売上に関わるページです。検索ワードで表示される結果の中で、最も目立ちやすい 1ページ目の最初に表示されるサイトです。利用者がすぐに購入または、サービスの利用を考える、ホームページのまとめをした簡潔なページです。

通常は、ホームページのサイト内を見てもらえば良いのですが、早く目的を果たしたい利用者と、商品や、サービスを提供したい企業が、簡単に出会える場所だと言っても過言ではないです。ネットを利用する人は、必ず目的があります。商品を購入したい、サービスを、利用したい、会員登録をして、なんらかの報酬をえないと思って要るはずです。ホームページでは、端的に説明出来ず、消費者の行動をうながすのが、お手本といえるランディングページです。ランディングページは、ホームページ内にはなく、広告バナーからアクセスした人が目にするサイトです。

利用者の目的を果たすためのページであり、コンバージョンに直結する内容になっています。自社の商品を知らしめたい、興味をもってもらいたいのではなく、購入してもらいたいとはっきり消費者に伝えるのです。お手本となるサイトはたくさんあります。業界により、アピールポイントは異なりますが、コンバージョンをアップする目的は変わりないです。

ランディングページで最も大切なのは、ファーストページです。商品の良さ、サービスの良さをアピールできるのが、ファーストページ、トップページです。ビジュアル的に目立つコンテンツを設けることも大切ですし、テキストデータで、商品の内容を消費者に理解してもらわなければなりません。

ランディングページは、1枚におさめられるケースが多いです。複数のページでは、ホームページと変わりがありません。ターゲットとするお客様の最も期待するページを敢えて作るのです。広告の最終的なたどり着きであり、すぐに消費者に購入や会員登録をしてもらうページです。コンバージョンを上げるための最も良い方法だとされていますので、企業の広告宣伝担当の方は、すぐに利用すべきです。一人人を雇うよりも、売上アップに貢献できるサービスです。費用は、安いです。