ランディングページの内容と映画の内容の類似点

インターネットビジネスを行う場合、ホームページを利用してお客さんを誘導するビジネスがあります。アフィリエイト等は、基本的にホームページを使いお客さんをリンク先のランディングページに誘導し、そのランディングページを読んで納得したお客さんがそのまま商品を購入したり、メルマガに登録して会員になる仕組みになります。わざわざメルマガを登録させる理由は、今はあまり買う気はないけども、これからこれから商品を買ったりサービスを受けたいと思っているお客さんを引っ張りこむためです。ホームページを見るお客さんのおよそ8割は今すぐお金を払う気のない人たちですが、いつかお金を払って商品を購入するかサービスを利用しようと思っている人たちです。そのような人たちに登録してもらうと、購入しようと希望している時にメルマガを提供してくれるところから購入するようになります。

そのような理由からランディングページを読ませることは非常に重要です。ところが、いざランディングページを作成したとしてもなかなか思ったように良い文章が出来上がりません。また良い構成が頭に思い浮かばず思わぬところで苦戦をしてしまう可能性も高いです。このようなときには、映画を参考にしてみると良いでしょう。たいていの映画はストーリーがあります。そのストーリーをまねすることで、読み甲斐のあるランディングページを作ることができるでしょう。映画のストーリーとは、基本的に主人公が何かを達成しようとします。ですが最初から達成するわけではなく挫折をしそれでもなお挑戦する姿に映画を見ている人は心を打たれます。挫折した時に必ず現れるのは仲間です。仲間が自分を助けてくれて再び自分が求めているものに挑戦し、困難を仲間と乗り越えながら求めているものを手にします。基本的にはこの流れと同じようにランディングページを作っていくと良いでしょう。

化粧品の販売をする場合であれば、まず最初に冴えない自分を共感します。ですが、化粧品を提供することで、自分自身が大きく変わることができる、美しさを手に入れることができることを説明しましょう。もちろんその中でいくつかの困難がありますが、その商品を使うことで困難を乗り越えることは可能であると説明していくべきです。これらを自分の頭の中で考えストーリーを作っていきます。もし自分で考えるのが難しければ、化粧品のHPとセールスコピーライティングを専門的に行っている業者を利用してみると良いでしょう。