ランディングページとエクスプロイトについて

ランディングページとは様々なネット広告やリンク等をクリックした際にされるサイト含むWebページ全般の事です。ランディングページとは他の意味もあり、ネット上で商品の売り上げを上げる為に必要な最重要要素の事でもあります。その為ランディングページを改善しただけでネット上での顧客獲得数が上がる等の効果が得られます。ランディングページを改善する事で顧客の獲得数に大きな影響を与えます。重要視されるのはユーザーの不安を払拭したり、ユーザー視点で求めている情報を的確に発信する事でも効果があります。近年では漫画型のランディングページ等ユーザーに注目される要素等を盛り込む事が重要視されています。サイトを作成するには二通りあります。一つが自分で作成する事です。これは無料で作る事が出来る為比較的初期投資が低い事が特徴です。もう一つが専門の業者に作成を依頼する事です。これは有料になりますが自分で作成する事に比べ、サイトの品質自体が高くより顧客獲得に影響します。

エクスプロイトについて。
エクスプロイトとはコンピュータ関連のソフトウェアやハードウェアの脆弱性を利用して、悪意ある行為の為に書かれたスクリプト又はプログラムです。サイトを作成する際にはエクスプロイト対策が重要です。個人情報を不正に入手されたり、コンピュータウイルスに感染する等のリスクがある為です。エクスプロイト対策が万全では無いサイトには顧客が付かない事が多いです。その為エクスプロイト対策はとても重要なものです。エクスプロイト対策に重要なのは常に脆弱性に関する情報を常に確認する事です。他には脆弱性を解消するパッチを適用する事でも対策する事が可能です。又利用者の多いソフトウェアでは標的にされる確率も高い為、より脆弱性に関する情報やパッチの確認が重要です。

ホームページとセールスコピーに応用可能な統計学。
ランディングページにおいて重要なのはより多くの人に商品を販売する事です。乱雑に様々なジャンルの商品を用意しても期待通りの売り上げを達成する事は難しいです。統計学を使い人が求めている商品を絞りこむ事で、重点的に売る事が可能です。セールスコピーを書く際にも統計学の結果を掲載する事で、ユーザーはそれを目安に商品を購入する動機が生まれます。他にもランディングページを続けていきある一定の期間毎に統計学を用いて、どんな商品が売れているかを確認する事で、無駄なく商品を販売する事が可能です。