ランディングページは営業トークと似ている

ランディングページは、通販サイトに用いられます。リンク元となる広告をクリックして訪れた人に対して特定の商品を販売することを目的として利用されます。ランディングページは、そこからダイレクトに購入してもらうために利用されます。そのため、構成としては営業トークと似たような感じになります。商品を購入するとどういった変化が得られるのかをまずは提示して、それに対する根拠を示していきます。それを読んだ人が納得するよう、不安を取り除きながら話を進めていくのがポイントです。

ランディングページは縦に長くなっていますが、これは情報を順番にストーリーで伝えていくのに適しているからです。また、1枚に収める必要があるという理由もあります。ページが複数に分かれていると、クリックしてもらえない場合に閲覧者を逃してしまう恐れがあります。1枚ならば、クリックしなくても情報をそのページで完結することになりますから、そのような心配はなくなります。

このように、ランディングページは営業トークを参考にすると、筋が通っていて閲覧者に訴えかけることができます。もちろん、ノウハウが必要です。これについては、作成をして、実際の効果を検証して、それをフィードバックしていくことで蓄積されていきます。これは、すぐに身に付けられることができません。しかし、長く時間をかければ確実に培われていきます。

そんな悠長なことは言っていられないというのであれば、すでにあるランディングページからテクニックを学ぶというのも一つの手法としておすすめです。大体のランディングページを見れば、型があることが分かってきます。もちろん、実際にどの程度の売り上げがあるかどうかは外部からは知ることができませんが、大手企業や売れているとされている商品のランディングページならば、それは高い効果を示している可能性がありますから、まねていくと良いでしょう。通販のHPの作成事例をまとめているサイトを活用すれば、参考にするのに役立ちます。

自分でいちいち探さなくてもリンクがまとまっているため、調べるのにとても役に立ちます。見るのは無料ですし、テクニックをまねることは著作権の侵害になるわけでもありませんから、勉強するときに役立てましょう。短期間で効果を出したい場合は、自分で作るのではなく制作会社に外注するのも良いです。コストはかかりますが、これまで蓄積されてきたノウハウを生かしてもらうことができます。