売れるランディングページの制作費用

ランディングページはLPと略されることも多いですが、売れるLPは、統計学的にも高いコンバージョン率を持っています。特に業者に依頼する場合は、最適化まで行ってくれる制作会社が理想的です。まず売れるランディングページは、縦長の1ページで作られていることが一般的で、ペラサイトとも呼ばれています。スクロールしながら下に読み進み、閲覧者を商品購入まで誘導するのが目的です。そのためには購入が見込めるユーザーを絞り込み、戦略的にランディングページを作成することが重要になります。

多くの通販企業が、統計的にも有効なLPを制作して売上を上げており、素人が作るよりも有効なことがわかっています。プロの業者に制作を依頼する場合、HPの費用はおよそ5万円からとなっています。しかし格安の場合は、最適化を行わないことが多いため、注意が必要です。最適化まで行う場合の費用は、およそ6万円から10万円前後です。ほぼ4割がこの価格帯ですが、中には30万円から40万円以上の費用がかかるケースもあります。しかしランディングページは金額だけで選ばずに、制作後の改善も費用に含まれているかどうかを、しっかり確認することが望ましいです。実績のあるLP制作会社であれば、作成後もコンバージョン率を向上させるために、最適化を行います。

さらにセールスコピーについて、事前に指導してくれるところもあります。こうした最適化はLPOと呼ばれますが、LP制作会社を選ぶ際は、LPOの実績がある代行業者を選ぶべきです。LPOを行うことによって、売り上げが伸びなかった商品が売れるようになります。また実力のあるディレクターや、優れたデザイナーが在籍している業者を選ぶと失敗しません。さらにランディングページの制作前に、販売戦略を明確にして、商品分析などを行うことが大切です。優秀なLP制作会社であれば、公開する前に仕上がったひな型を提示し、希望があれば修正を加えてくれます。

受注前に、丁寧にヒアリングを行ってくれるのも特徴です。また発注から納品までの期間は、一般的に10日前後です。ランディングページ公開後も、アフターフォローとしてアクセス分析などを行ってくれます。そのためには、ランディングページの効果検証を行うアクセスログ解析ツールの設定なども必要になります。尚、ランディングページもホームページと同様、ネットに公開後のアクセス解析が、売上アップに結び付きます。